今後の動き

かわいい一戸建て

不動産の賃貸はかつてないほど空室が増えているのが現状です。この理由はいろいろとありますが、人口の減少に対して実にたくさんの賃貸物件を作ってしまったからだと言われています。 都心部も含めると実に4部屋に一部屋が空室になっているのです。これを受けて対策を取らなくてはいけない賃貸住宅のオーナーは様々な試みをします。その中で比較的うまくいったのはシェアハウスです。シェアハウスは、すでに古くなったワンルームマンションなどを一棟丸ごと買い取ってリノベーションをします。その結果、部屋は今まで通りワンルームにして風呂やトイレ、キッチンを共同にして、その分家賃を抑えます。特に都心部にこの形態の賃貸物件は多く、人気があるようです。

シェアハウスは、かつての共同住宅とは違い、希薄になった人間関係を復活させるという意味でも人気があるのです。特に地方から出てきて誰も知り合いがいないような人にとっては友達をつくる良いきっかけになるのです。 シェアハウスに入居する年齢層は20代と30代が大半を占めています。また、ほぼ独身で、特に男女や職業による傾向はないようです。 シェアハウスで注意するべき点は人間関係が苦手な人はあえて選ばないほうがいいという点です。シェアハウスの人数はシェアハウスと同様のスタイルであるソーシャルアパートなどと比べると人数は5、6人程度に抑えられている分人間関係は割と濃くなりがちです。その点さえ問題なければ楽しく過ごす事が可能だと考えます。