資産運用として

手の上の赤い家の模型

余剰資金が生まれた時に、資産運用の方法のひとつに不動産投資があります。銀行口座に預金として預け入れたとしても、各行1000万円までしか保証されなかったりして多くの銀行に口座を開設して管理する必要があります。 その点、不動産であればいい地域にあるものであれば億円単位になったりするものもあります。その不動産価値自体が上昇して資産価値が上昇することもあったり、またその上にアパート建設をして賃貸収入を得ることも期待できます。 預金の利息も低利率である現在においては、より利回りが期待される不動産への投資も適している場合もあります。そのためにも購入時には専門家に相談して価格が上昇する要因を含んでいる不動産を購入するのが最適な方法です。

何でも売り時、買い時というものはありますが、不動産にもそれはあります。把握できていれば、高く売ることができるので、知っておきましょう。 不動産を売るベストのタイミングは、一般的には2月、3月頃とされています。これは、4月に新年度が始まるためです。新年度となると、新しい生活への準備等で忙しくなります。できればそれまでに購入しておきたいというわけです。 ただし、これはあくまでも不動産を購入する側の目線に立った場合のタイミングです。不動産を売却する側は、売却のための準備が必要になるのですから、それ以前から動き出す必要があります。1月は行事等で慌ただしいので、それよりも前から動き出すのがベストです。12月、もしくはそれより少し早い11月頃から動き出せば、余裕を持って準備をすることができます。